「和食」とは何か

思索

和食とは何か

日本人ならば当然、「和食」という言葉は知っている。

しかし、明確な定義を答えることはなかなか難しいのではないか。

2013年、「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録された。

海外では、「健康食」の如く扱われ、もっぱらその機能性や構成要素ばかりにフォーカスが当たっているような気もする。

現代は、洋食をはじめ、中華もエスニックも、フュージョン系の創作料理も溢れている。

ここで一度、「和食」について改めて整理してみる必要があると思う。

和食についての考察

ユネスコ無形文化遺産に登録された和食だが、どうやら明確な定義は無いらしい。

たとえば焼き物の世界でも「〇〇焼」がその表現上明確な定義が困難なように、生活文化とともに構成される、慣習そのものが根拠となるような、動的な文化物が日本の食文化、和食である。

農林水産省によれば、有識者の検討会で日本食文化の内容等を検討した結果、日本の食文化を特徴づけるキーワードとして「自然の尊重」が抽出された。

参考:農林水産省HP

ここで、着目すべきは、「和食=日本人の伝統的な食文化」と位置づけ、

「自然の尊重」という日本人の精神を体現した食に関する「社会的慣習」

と定義したことである。

つまり、和食とは料理単体や使用する食材など、モノや素材だけで定義されるのではない。

むしろ、社会的慣習(食文化)こそが土台であるということである。

たとえば、四季を尊重し、素材を尊重するのが和食である。

食材そのものに留まらず、盛り付けや食器、空間の装飾、祭などの行事にまで派生した総体が和食である。

これら全体に通底するのが、「自然の尊重」という日本精神である。

和食は、日本精神の表現物である

今まで明確な定義を必要としなかった、日本の食文化について改めて考察する時、
以上を鑑みると、日本精神の表現物であるといえる。

つまり、日本精神精神性がまず先にあり、その結果的産物(表現物)として、目に見える料理が存在する。

食材や原産地云々ありきではないのである。

これは、日本文化のあらゆる物事に通ずるものである。
日本精神の表現物として、たとえば和食があり、和の工芸品や、茶道や華道、寺社仏閣などの建築物や、祭りなどの催しがある。

日本文化の目に見えるものとは、日本精神の表現物である。

そして、このことは「日本酒」にも当然のことながら当てはまる。

続く