作品としての日本酒

2019-07-17T19:32:20+09:007月 16th, 2019|哲学, 日本酒|

日本酒は、芸術同様、一種の作品である。 設計と変数が多種多様、簡単なコピペ製品化が不可能な、一点物である。 ロラン・バルトの「作者の死」という言葉がある。 これは、文学作品のテクスト論に通ずる考え方である。 ”作者は、作品を書くたびに死ぬ” ”作品において、作者は神ではない” という言葉が示すように、 [...]