雑感

/雑感
16 07, 2018

必要は発明の母=独自性

2018-07-16T18:55:18+00:007月 16th, 2018|日本酒, 雑感|

この時期になると、酒造業界では蔵のメンテナンスが行われる。 酒造期は寒造りが一般的で、10月から4月頃までの約半年間が日本酒造りの時期である。 温度が冷えない夏の暑い時期は専ら蔵の設備をメンテナンスしたり、新たな設備導入、掃除などが行われる。 酒造は、「所与条件をいかに活かすか」の創意工夫が問われるも [...]

22 04, 2018

「地酒」とは何か?

2018-04-23T17:03:56+00:004月 22nd, 2018|哲学, 日本酒, 雑感|

昨日、「新世代栃木の酒 下野杜氏 新酒発表2018」が開催された。 栃木県酒造組合で、毎年弊社「西堀酒造」も参加している。 第二部、日本酒セミナーにて、日本酒ライターの山内聖子氏が、面白い問題提起をしていた。 普遍的なれど、老舗酒蔵は必ず再考するであろう問題である。 それは、「地酒」とは何か?という問 [...]

18 04, 2018

酒造りとプログラミング

2018-04-23T17:30:33+00:004月 18th, 2018|テクノロジー(IT,Web系), 日本酒, 雑感|

酒造りは、「解不定」である。 プログラミング可能なもの、たとえばソフトウェア等の論理的な世界では、仕様の設計をすれば解が確定する。 仕様を満たすか否かはゼロイチの世界であり、ファジーな領域は容認されない。 そこには二値(0か1か)の極めて明快な結果が現れる。 バグが見つかれば、なぜバグが出ているのか、 [...]

13 04, 2018

手づくりの意義について

2018-04-23T17:03:10+00:004月 13th, 2018|日本酒, 雑感|

20世紀は、画一化、普遍化の時代であった。 より広く、より多く。 標準化し、画一化し、効率化すること。 いかに経済性と効率性を重視するかの時代であった。 要は、「グローバリズム」の時代であった。 しかしながら、昨今の世界情勢に見られる通り、その国・地域であることの必然性、己自身の存在事由、アイデンティ [...]

2 02, 2018

主義・ポリシーの確立について

2018-02-11T23:25:46+00:002月 2nd, 2018|哲学, 雑感|

※三木清『人生論ノート』読んでのメモ&雑記。 怒れる者とは、正義を知るものである。正義・主義の蹂躙が「怒」を覚醒させる。義人でなくして怒ることはできず、現代の成年世代の躾の甘さはここに現れ、同時に己の主義・ポリシーの欠落を顕にする。 二種類のストイシズム。虚栄心と名誉心。前者は、世間、アノニマスな「他 [...]

31 01, 2018

「レペゼン性」は重要だと思います

2018-02-12T02:16:00+00:001月 31st, 2018|哲学, 雑感|

「レペゼン」という言葉はご存知でしょうか?? Hip Hopとか好きな方は聞いたことがあると思います。 意味としては、「〜代表」という意味で、たとえば、「レペゼン栃木」だったら「栃木代表だぜ!」って感じで使われます。 昔から友人の影響で海外のHIP HOPを聞くことが多いのですが、たとえばIce Cu [...]

12 11, 2017

ソフトウェアとハードウェアについて

2017-11-13T15:28:19+00:0011月 12th, 2017|雑感|

実社会におけるソフトウェア空間上の技術が有用性の観点で飽和状態にある現在、次なるテクノロジーが目指すのは現行のAI、IoTブームに見られるように、物理的有用性寄りの技術だと思われます。 アーリー・アダプターを捉えて離さないバラ色の未来像を謳う、「シンギュラリティ(技術的特異点)」関連で有名なレイ・カー [...]

22 08, 2017

21世紀、参考にすべきは「ルネサンス的人間観」

2018-02-11T23:39:54+00:008月 22nd, 2017|哲学, 歴史, 雑感|

Leonardo da Vinci、つまりダ・ヴィンチは誰しもが知る天才である。 彼自身が音楽、建築、数学、幾何学、解剖学、生理学、動植物学、天文学、気象学、地質学、地理学、物理学、光学、力学、土木工学など様々な分野に長けていたことを踏まえ、「万能人 (uomo universale) 」と称されてい [...]

20 08, 2017

プラトンの『饗宴』に見る不死の意志

2017-08-22T18:09:32+00:008月 20th, 2017|哲学, 雑感|

プラトンの『饗宴』で示されるテーマ。 アリストファネス、パイドンらソフィストVS哲学の父ソクラテス。 完全性を追求するエネルギーを「エロス=愛」という概念で説明する。 人間は必ず死ぬ、つまり有限である。 だからこそ、自らが生きた証を遺したい。 この衝動があらゆる活動エネルギーの根本にある、ということを [...]

18 08, 2017

現実を観て、唯実践するだけ

2017-08-22T18:10:46+00:008月 18th, 2017|哲学, 雑感|

自分の卒論のテーマが西田幾多郎だったのですが、彼の哲学姿勢を示す表現として、 「徹底的現実主義」という言葉があります。 その名の通り、徹底的に現実を直視し直観するスタイルです。 「純粋経験」や「行為的直観」という概念などはその極致です。 正確な文脈などは異なりますが、現実の生活への応用と考えると、べき [...]